2009年05月29日

【ナムコイン コイン型IC プリペイド方式】

某ナムコにて、
コイン型IC プリペイド方式の【ナムコイン】
キャンペーンやっていました。

こいつを使うと1回100円のクレーンゲーム等が90円で遊べます。
(キャンペーン終了後は、元に戻るだろうけれども。)
専用両替機にて1,000円/2,000円/3,000円のチャージで1コイン排出。
筐体においては、硬貨と同じ投入口から投入し、
コイン使用金額、残高がわかる表示器が追加されていました。
コイン残高があれば、返却口から戻ってきます。
1回200円の筐体ではコインを2回、
300円で2回の設定ではコインを3回通します。
100円玉と同じ扱いですね。
チャージした金額の残りは専用両替機にて
当日限りで換金(返金)可能で、同時にコインは回収されます。
コインへの追加チャージも可能。


狙いは、遊戯代の値上げですね。
クレーンゲームとかを120円にした場合、
コインの投入が面倒になりお客様離れが進むことが予想されるので
プリペイド式にしたい・・・と。
有効期限を当日限りにしたのは、たとえ店外に持ち出されても
使わなかったであろう100円があれば
1コイン製造可能で充填が効くからかな。


さて この【ナムコイン】、こんなです。
ナムコイン

サイズは100円玉よりひとまわり大きい直径約26mm、厚さ約2mm。
外周は金属(鉄)製。磁石にくっつきます。
両面に「namco」のシールが貼ってあり、
そいつを剥がすと透明なプラスチック製のカバーがあります。
接着剤でおもいっきり付けられた
プラスチック製カバーをさらに剥がすと、
【データップ DATAP SDガンダム ガシャポンバトル】その5
で見たようなアンテナ&ICチップ。


普及するのかな。


(広告)
 
posted by nao_yoshi at 05:55| Comment(5) | TrackBack(1) | プライズ品とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残高があるにもかかわらず、返却口で取り忘れる人が出そうですね。私もやってしまいそうです。

以前ラウンドワンで、IC付きリストバンドでクレジット投入、出口で一括精算というスタイルの店に行ったことがあるのですが、今でもあるんでしょうか。
入出場ゲートが必要になり、既存の店では設備投資やレイアウトの問題があるため、あまり広まってはいないのかもしれませんが。
後払いシステムを理解していない小さい子達が、無制限にプレイしたりするのをどう対処しているのかも興味があります。
Posted by as at 2009年05月29日 17:19
私もクレーンゲーム得意で家に沢山の
景品がありま〜す。
Posted by まーくん at 2009年05月29日 22:20
家の近くのゲーセンもナムコではないですが
プリペード式をつかっているところあります。
カードを購入して台についているセンサーに
あてると残高がわかるシステムです。
Posted by まーくん at 2009年05月31日 09:58
as 様、
まーくん 様、
店舗サイドとしてはプリペイド式の普及を希望しているとは思いますが、
我々ユーザ側は・・・?


Posted by nao_yoshi at 2009年06月01日 04:42
asさんへ。
ラウンドワンのATOシステム導入は堺駅前店で行ったものの、現在では失敗しました。現在は撤去されています。
しかしこのおみせ、同じICコインシステム導入しているんですよね。
Posted by やけのはら at 2009年11月10日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ナムコイン
Excerpt: ナムコ:業界初、現金をチャージしてゲームに使うプリペイド式ICコイン「ナムコイン」を導入、100円単位にこだわらず料金設定が柔軟に  バンダ...
Weblog: なんとなく始めたブログ
Tracked: 2009-06-26 23:25