2011年12月24日

【革ジャン アドカラーでひび割れ補修&裏地交換】

昨シーズンは、【JB馬油100%+革ジャン】
にあるように、
学生時代に着ていた革ジャンに馬油を塗りつけて、
羽織っていました。

羊革自体は、馬油でなんとかなりそうなので、
襟のひび割れと裏地の破れを今シーズン前に
何とかすることに。
革ジャン アドカラーでひび割れ補修&裏地交換

■まずは、襟のひび割れ補修。
ググッてみると
「染めQレザー補修これなら」と「アドカラー」とがヒット。
「染めQレザー補修」は柔軟性のあるパテのようですが、
成分は「水性アクリル樹脂」のようです。
ひび割れに有効だったとかの評価は少ないような・・・

もうひとつの「アドカラー」。
これはコロンブス製で元々靴の浅いキズ補修用です。
この成分も「アクリル樹脂」。
革ジャンとか革シートの補修にこちらを使って、
良かったと書かれている方々のレポが散見されます。

と言うことで、
「アドカラー」を近所のホームセンター巡りで探してみると・・・
ありました!
革ジャンが茶系なので「コイチャ」と「クロ」とを購入です。
パレットに両方の色を絞り出して、混ぜ合わせ。
指でひび割れに塗り込んでいきます。
なるべく薄く、数回に分けて塗り込んでいくのが良いようです。
これで、ひび割れは埋まりますね。
色は少し違っているし、少し硬くはなりますが、
まあこんなものでしょう。

指についたアドカラーは水で洗うとポロポロと剥がれます。


■裏地交換
さすがにこれは個人では出来ないので、お店に依頼です。
近所の何件かに相談したところ、
洋服リフォーム:高橋縫製 お直し工房
で対応していただける とのこと。
ただし、期間は2〜3週間は欲しいとのことでした。
・・・出来上がりの連絡があったのは、1ヶ月経過後。

おぉっ! きれいになってる。
これで人前でも脱げますね。
費用は21千円でした。


(広告)

posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック