2016年01月13日

【ノートパソコンのHDDの外付けHDD化】

先の
【ノートパソコンのハードディスクドライブ取り外し】
にて取り外したハードディスクドライブ4個。

SATAタイプの
FUJITSU製 200GB と TOSHIBA製 320GB は、
【SATA 2.5インチ ハードディスクケース @上海問屋】
にて認識することは確認できたので、
Windowsシステムや余計なプログラムファイルを削除して、
単純なデータ保管用としての外付けHDD化することにします。

そのままでは複数(4コ)のパーティションが切ってあって、
システムとかブート用にプライマリパーティションが設定されていました。
 パソコン上では2コのドライブとして認識していたのに、
 パーティションは4コか。
ググッてみると、
プライマリパーティションは1つしか認識しないそうなので、
これと拡張パーティション上の論理ドライブ「D」が見えていた・・・
と言うことのようです。

全領域を1つのプライマリパーティションにしてしまっても良いのですが、
今回はシステム起動はやらないので、
全領域を拡張パーティションにして「論理ドライブ」を作成することにします。


まず、パーティションとかのクリアをします。
必要なデータを退避させた上で、
Windows→コンピュータ(右クリック)→管理→「ディスクの管理」
にて、各ボリュームの削除。
しかし、元々のシステムのところは削除出来ません。
そこで、
コマンドプロンプトからDISKPARTを使って、処理しました。
 DISKPART> format fs=ntfs //元々のシステムのところをフォーマット
 DISKPART> delete partition //元々のシステムのところを削除
 DISKPART> create partition extended //全領域を拡張領域に
 DISKPART> create partition logical //全領域を論理領域に

最後に「ディスクの管理」にてNTFSでフォーマット。
これで全領域が拡張パーティションで、
ひとつの論理ドライブが出来ました。

320GB HDD=298.09GB NTFS
200GB HDD=186.31GB NTFS
の外付けHDDの完成です。
HDD-320GB_200GB.jpg

>不良セクターをスキャンし、回復する
にチェックを入れて チェックディスクをかけると、
正常に終了。
あれっ? 320GBのハードディスクドライブは
過去に
【ハードディスクの問題が検出されました @dynabook B350/W2JA】
がでていたモノなのに・・・?


ちなみにIDEタイプの
FUJITSU製 60GB と TOSHIBA製 40GB に先の
【IDE-USB変換ケーブル UD-303SM】
を繋いで確認すると、
ちゃんとアクセス出来ました。

こちらも同様に全領域を拡張パーティションにして、
ひとつの論理ドライブを作りました。
60GB HDD=55.89GB NTFS
40GB HDD=37.26GB NTFS

いまどきUSBメモリでも128GB、64GB、32GBがあるので、
40/60GBの2.5インチ外付けHDDではサイズがとても大きいのですが、
もったいないので、
こちらも外付けHDDとして使えるように
IDE対応のHDDケースを購入予定。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック