2016年12月01日

【個別スイッチ付き3口テーブルタップ 分解】

長く使っている
個別スイッチ付きの3口のテーブルタップ。
スイッチのLED(?)は点灯するものの、
作動しない口があったので、
分解して中身を見ることに。

・・・
ケースの留めネジが標準のモノでは無いです。
「ラインヘッド」と言うようです。
特殊工具か・・・
仕方ない、自作です。

適当なマイナスドライバーの先端を棒ヤスリで削って成形。
ラインヘッドねじを回せるようにはしました。
 取り付けには苦労しました。
 やはりキチンとした工具が必要です。

で、中身を確認しましたが、断線とかは無し。
ちょっと洗浄してテスターであたると、
正常です。
個別スイッチ付き3口テーブルタップ 分解

ん? 作動しなかったのは何だったのか?


もうひとつ、
作動しない口のあるテーブルタップがあるので、
こっちはちゃんとした工具を用意して分解かな。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | !?メカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443810223
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック