2017年01月22日

【iOS10にしてWi-Fiが途切れる → Wi-Fiのセキュリティレベル上げで解決】

子供の使っているiPhone。
iOS10にアップデートして、
&最近になって急に、
家庭内無線LAN(Wi-Fi)が頻繁に途切れるようになった・・・
とのこと。
androidではそんなことは無いですが。

子供が調べたところによると、
Wi-Fiのセキュリティレベルが低いと接続できなくなるそうです。


使っている無線LANルーターは、バッファローの「WHR-HP-G」。
先日、「ブリッジモード」に設定変更したヤツです。
【ホームネットワークに無線LAN搭載プリンターを接続】

で、確認すると、
セキュリティレベルは「WEP」。
最初の暗号化技術ですが、今となっては危ないヤツです。
DSやPSPのゲーム機を無線接続していた時の設定のままでした・・・
イカン イカン!

で、設定を「WPA-PSK AES」に変更。
SSIDも変更されてしまったので、
これをiPhone(android)側で探して、
接続するための63文字のパスワード(暗号化キー)を入力。
間違えずに入力するのが大変面倒でしたが、
一度入れてしまえば良いので、まぁ 我慢。

結果、
iPhone(ios10)でのWi-Fiの途切れは無くなったそうです。

 無線LANルーター自体の作動もちょっと怪しいところがありますが・・・


【追記】
・・・どうも、まだ途切れは発生しているようです。
 ルーター側に原因があるのかな?


【解決(?)】
【iOS10にしてWi-Fiが途切れる → Wi-Fiのセキュリティレベル上げで解決 その2】
【iOS10にしてWi-Fiが途切れる → 無線LANルーター更新(BUFFALO WHR-1166DHP3)で解決】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446173210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック