2017年11月20日

【「INFOBAR A03」に入れるandroidアプリ Ampere】

スマホに充電中の電流値、電池残量%、電池温度℃などを計測・表示するアプリ
【Ampere】。
グレーンゲームでゲットした
モバイルバッテリーの出力電流値を確認するためにインストールです。

まずは、
百均の通信/充電モード切替式USBケーブルを使ってパソコンのUSBポートから充電!
CIMG_Ampere_01.jpg

通信モードでは、
 >USB充電 USB最大電流 500mA
充電モードでは、
 >AC充電 USB最大電流 1700mA
との表示。
USBケーブルの接続状態でモード/USB最大電流が変化します。

試しに、
ACアダプタタイプのDC5V 1A出力仕様の充電器に接続すると、
 >AC充電 USB最大電流 1700mA
と表示されました。
 仕様上 1000mAしか出ないハズだけれども・・・
「USB最大電流」って充電機器側の能力を見ている訳ではなさそうです。

INFOBAR A03は、
>出力:DC5.0V1.8A、 DC9.0V1.8A、 DC12.0V1.35A
の仕様を持つ au純正 共通ACアダプタ05に対応しているので、
>AC充電 USB最大電流 1700mA
と近い値が表示されるのかと。


インストールの目的である
クレーンゲームでゲットしたモバイルバッテリーによる
充電時の電流値の確認ですが、
スマホの充電量が約20〜30%時点で、
各モバイルバッテリーに繋いで計測してみました。
CIMG_Ampere_02.jpg

画像上から、
【スプラパワーバンク 9000mAh】
 3ポートで
 >Output1:DC 5V=1A(MAX) Output2:DC 5V=2A(MAX) Output3:DC 5V=2.1A(MAX)
 2ポートで試しました。
 上側が約580mA、中央が630mA
 ほぼ同じで良いかな?

【4ポート 9,000mAhパワーバンク】
 4ポートで 各DC5.0V 2.1A の出力仕様
 2ポートで試しましたが、上から2番目 1030mA!、 4番目 850mA!
 試した中で一番の大電流出力!

【3Port Powerbank 10,000mAh 大容量モバイルバッテリー】
 3ポートで
 >Output1:DC5V=1A(MAX). Output2:DC5V=2A(MAX).Output3:DC5V=2.1A(MAX)
 2ポートで試しましたが、上側 820mAと下側 1020mA
 これもなかなか。

【超薄型モバイルバッテリーアルミ 5000U】
 2ポートで 各DC5.0V 2.1A(MAX) の出力仕様
 2ポートとも約620mA

【残量表示付きモバイル充電器 Counter Power Bank】
 3ポートで
 >DC5V1A×1、DC5V2.1A×2
 3ポートともに約850mA でした。

ちなみに、DC5V 1.0A の出力仕様のACアダプタで充電してみると、
約620mA。


この結果からは、
【4ポート 9,000mAhパワーバンク】
【3Port Powerbank 10,000mAh 大容量モバイルバッテリー】
が、出力電流値が大きくて良さそうです。


当該アプリでの表示値と、実電流値との関係は
別途 計測・比較してみます。


 
posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。