2018年12月02日

【2.4GHz ビッグサイズ ドローン DRONE TSX-2000 Flying toy】

某ゲームセンターのクレーンゲームでゲット。
【2.4GHz ビッグサイズ ドローン DRONE TSX-2000 Flying toy】
(株)トーシン産業
 横浜市鶴見区駒岡4-23-10 トーシンBLD.
 TEL:045-522-8822
ドローン DRONE TSX-2000

>本体:充電式(付属)
>コントローラー:単三電池4本使用(別売)

これまでのラジコンは、27MHz、40MHz、72MHz帯を利用していましたが、
これは2.4GHz帯を使用。

電波法令で定めている技術基準に適合している
無線機であることを証明するマーク(技適マーク)が
電池蓋部に貼り付けられています。
> R 204-520287

総務省HP>電波利用ホームページ>技術基準適合証明等を受けた機器の検索
で検索すると、
>名称:Zhuangqun Plastic Toys Factory
>電波の型式、周波数及び空中線電力:F1D,2402-2480MHz(28ch),0.01mW/MHz
とヒット。
ちゃんと登録されているので、
安心して国内で飛ばせます。


飛ばす前に、まずは軽く分解!
充電池には、
>HDY 802035
>3.7 400mAh
の刻印。
それぞれの羽根の駆動は、
マイクロモーターが各1個、かなりの減速比のギアを通して、
繋がっています。

コントローラーの左スティックの前後が、
指を離した際に中立位置に戻らず、その位置で止まるのは
不良品か!? と思いましたが、
これが仕様のようです。
 左スティックの前後で、本体の上昇、下降を操作する
 操作パターン「モード2」をなので、
 確かに左スティックはその位置で止まっていた方が操作が楽です。

本体とコントローラーの接続方法を備忘録として。
1)本体の電源ボタンを1度押し、電源投入
2)コントローラーの左スティックを中央にして、
 電源ボタンを1度押し。電源投入
3)コントローラーの左スティックを一番上、一番下で接続完了
4)コントローラーの左スティックを上げると、本体浮上


早速、屋内で試運転。
電源スイッチ オン!
左スティックを徐々に上げると・・・おぉっ! 浮上!
右スティックは中立のままなので、ホバリングしていて欲しいのですが、
少し流れるかな。
 スティック横のトリムボタンで調整はできるそうなので、
 次は試してみるか。
でも、楽しい!!

連続飛行時間は・・・約5分
本体のLEDの点滅が早くなったら、充電切れのようです。
充電時間は約1時間です。


国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
などから、
>ゴム動力模型機、重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)200グラム未満の
>マルチコプター・ラジコン機等は航空法上「模型航空機」として扱われ、
>無人航空機の飛行に関するルールは適用されず、
>空港周辺や一定の高度以上の飛行について国土交通大臣の許可等を必要とする規定
>(第 99 条の2)のみが適用されます。
とのこと。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | プライズ品とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。