2006年06月16日

【RSA SecurID 700】

ジャパンネット銀行の取引セキュリティが強化されて、
「ハードウェアトークン方式のワンタイムパスワード」が採用されました。
そして、
RSA SECURITY社の【RSA SecurID 700】
が送られて来ました。
「ユーザーごとにすべて異なる予測不可能かつ
 1 回限り有効なコードを60 秒ごとに生成します。」
とのこと。
有効期間5年間で(1×60×24)×365×5=2,628,000個のコードが必要ですが、
(うるう年除く)
6桁のコードを生成・使用しているので、有効コード数は10の6乗=1,000,000個。
有効期間中に同一コードが2.628回見られる計算になります。
見ることが出来たらラッキー??

スパイウェア等に対するネット上でのセキュリティはOKでも、
物理的にトークンごと口座番号とか盗まれたら終わりですね。

さて、この数値は再度見ることが出来るのか!?
RSA SecurID 700


【関連記事】
【ジャパンネット銀行 トークン有効期限】
【ジャパンネット銀行 トークン切替】
posted by nao_yoshi at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | !?メカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック