2008年07月04日

【ウオーキングメイト(歩数計、万歩計)】

先の【認定証 歩測達人】にて
いただいた【ウオーキングメイト(歩数計、万歩計)】。

分解してみました。
ウオーキングメイト_01

ウオーキングメイト_02
裏ブタを開けると
中央下に先端が少し重そうな片持ちのレバーがあります。
このレバーはさらに下方に位置する端子と、
細い線材で繋がっています。
この線材がバネ&導線ですね。

振る(歩く)と、このレバーが下がって下のピンと接触。
カウントされる仕組みのようです。

構造は単純ですが、
バネの強さと、レバーの重量バランス&形状が
万歩計の反応を決める上で重要なポイントなのでしょうね。
何Gで良く反応するようになっているのかな?


(広告)

posted by nao_yoshi at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | !?メカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック