2009年02月01日

【PaSoRi(RS-S330)でe-Tax】

確定申告の時期です。
給与所得者なのであまり関係は無いのですが、
「医療費控除の還付申告」をすることに。

国税電子申告・納税システム「e-Tax」を使うと、
いちいち税務署へ行く必要が無いうえ、
今年は5,000円の控除が受けられるので
利用してみることにしました。

■事前準備
いろいろと事前準備が必要なようです。
パソコン環境は良いとして、
「住民基本台帳カード(ICカード)」を入手して、
「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」の
発行を受ける必要があります。
いちいち税務署へ行く必要は無い・・・ハズなのに
市役所へ行くことに。
ここで
「住民基本台帳カード」交付申請に500円、
「公的個人認証サービスの電子証明書」発行申請に500円、
費用がかかりました。

公的個人認証サービス(JPKI)対応の
「ICカードリーダライタ」も必要です。
いろいろと調べて e-Taxはもちろんのこと、
FeliCa、Type A(MIFARE)、Type Bに対応可能な
NFC機能搭載の
ソニー PaSoRi「RC-S330」を購入。
3,000円ちょっとでした。

「e-Tax」で5,000円の控除なので、損では無いです。

■確定申告書等作成コーナーの事前準備
これにもいろいろと手続きが。
・信頼済サイトの登録
・ルート証明書のインストール
・公的個人認証利用者クライアントソフトのインストール
・ブラウザの設定

さらに
・e-Taxの開始届出書の作成/提出
・利用者識別番号等の取得(オンライン通知)

ダウンロード、インストールetc
盛り沢山の内容でした。

確定申告書等作成コーナー
ここで少し混乱しました。
申告書を作成するために「e-Taxソフト」も
ダウンロードしたのですが、
どうやら
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を
利用するだけで良いようです。
実際にも、
「確定申告書等作成コーナー」で作成、保存しました。
最後の申告のところで
「e-Taxで」と「直接・・」とがあって、
いったんは「e-Taxで」を選んで保存。
申告書を「e-Taxソフト」から送信しようとしたのですが
やり方が分からず・・・
戻って「直接・・」で申告したら出来ました。
H20度e-Tax


国税電子申告・納税システム「e-Tax」
確定申告特集
確定申告書等作成コーナー
それぞれがうまくリンクされていないので
とても解り辛いです。
さすが縦割り。


**************************************

せっかくICカードリーダ
ソニー PaSoRi「RC-S330」を購入したので、
何か出来ないか・・・ということで、
こちらの「ソフトウェア」から
【FeliCa Raw Viewer】をダウンロード。
FeliCa ICカードの非保護領域の情報を
読み出して表示出来ます。

FeliCaカードでは無い
ガンダム戦場の絆のパイロットカードとか、
ドラゴンクエストモンスターバトルロードの冒険の書とか、
は読込み出来ませんでした。
まぁ、当然と言えば当然ですが。
このあたりのICカード(MIFARE、Type B ?)
に対応したフリーのアプリケーションソフトって
出てこないかな。


もうひとつ、
オリーブ情報処理サービス(株)さんの
ICカードバトル」。
FeliCa対応のICカード同士でバトル・・・
ということで
PASMOとEdyを読み込んでみたのですが、
Edyは対応していないようでNG。
また1方で読み込ませたカードは、他方では使えませんでした。
交通乗車券系のICカードは複数枚持っていないので
バトルは出来ず!
オンラインでやれれば・・・


(広告)

posted by nao_yoshi at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック