2009年07月06日

【テトラ EXパワーフィルター 75 ユーロ】

水中ポンプ(コトブキ工芸 パワーヘッド9)+上部フィルターで
維持していたクサガメの45cm水槽。
クサガメが大きくなり、
45cm水槽では窮屈になって来ました。
これに伴って(?)
これまでは約2週間に1回の水換えだったのが、
1週間しかもたなくなってきました。

そこで、衣裳ケースへの引越しを検討。
ついでにフィルターも外部フィルター化することに。

いろいろと比較・検討して、
【テトラ EXパワーフィルター 75 ユーロ】
を購入。 決め手は価格。
衣裳ケースは、幅39×長さ74×高さ35cmのモノを購入です。

さて、
【テトラ EXパワーフィルター 75 ユーロ】の流量は630リットル/h。
衣裳ケースの水量は、水深を約12cmとすると約35リットル。
時間当たり18回全量入替です。
一方、【パワーヘッド9】は8リットル/min=480リットル/h。
45cm水槽の水量は、水深が同じく約12cmなので約16リットル。
時間当たり約30回全量入替。
あれっ?
全量入替回数は今までの方が上か!
衣裳ケースが大き過ぎたようです。
まぁ、いいや。


気をとり直して、早速 セット。
以下、気がついた点など。
1)給水・排水ホースのホース固定ネジ
 ホースタップからホース固定ネジを外し、
 ホース固定ネジをホースに通して、ホースをホースタップに繋ぎました。
 ここまではOKなのですが、
 ホース固定ネジを手で締め込もうとすると、
 無茶苦茶 固い(キツイ)!
 二面幅24mmのスパナを使いました。
 また、目一杯 締め込むと、固定が効きません。

 ・・・と書いて、同じようなことが無いかとググッてみると、
 正解はどうやら
  ホース固定ネジは取り付けたままで、ホースをホースタップに繋いで、
  その後ホース固定ネジを取り外す方向に回して固定する・・・
 らしいです。
 ※子連れひつじBLOG「EXパワーフィルター60始動!」より

 だろうなぁ・・・
 このあたり、取扱説明書に詳しく書いておいて欲しいな。

2)スタートボタンの呼び水自動機構
 これは便利!
 スタートボタンを素早く繰り返し押すことで、
 呼び水 出来ます。

EXパワーフィルター75
 今回、衣裳ケースと外部フィルターとは同一床面上に横置き。
 水面とフィルター本体底部との距離は約12cmしかありません。
 メーカー推奨は50〜150cmなので規定外ですが、
 何度も何度もスタートボタンを素早く繰り返し押すことで、
 サイホンの原理により水は回りました。
 今のところ、エア噛みすることもなく給水・排水動作しています。

3)動作音
 凄く静かです!
 排水側を水面から上にして、
 水を水面に落下させることで空気と混ぜているので、
 こちらの音の方がモーター音より大きいです。
 モーター音は気になりません。


これでクサガメ飼育環境は大幅に改善。
でも、人間様の生活エリアは大幅に縮小。
・・・


【関連記事】
【45cm水槽 白濁 & テトラ バリューエックスパワーフィルターVX-75】
【スタートボタン(呼び水ボタン) メンテ EX75ユーロ】
【スタートボタン(呼び水ボタン) メンテ EX75ユーロ その2】
【スタートボタン(呼び水ボタン) メンテ EX75ユーロ その3】


(広告)
 
posted by nao_yoshi at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物とかフィールドとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック