2011年02月13日

【エアスノーAS-4000W + バブルメイトS104-C】

ウーパールーパーの45cm水槽での生物ろ過強化のために
【曝気式浸漬ろ床法(接触曝気法)】
を実施中ですが、
効果のほどがイマイチはっきりしません。
一緒に入れている餌メダカが☆になることも無いので、
それなりの効果は出ているとは思うのですが、
目に見えて水の透明度が増した・・・との気はしません。

そこで、
さらに外部フィルター内でも生物ろ過がより機能するようにと、
エアレーション強化をして溶存酸素量を増やすことにしました。

既にエアレーションと曝気とで、
吐出量1.0L/minクラスのエアポンプを2台使っているので、
さらにエアポンプを追加するわけにはいきません。
タコ足配線にもなるし。
・・・と言うことで、
大吐出量エアポンプと細かい泡の出るエアストーンとを購入。
コトブキ工芸のエアスノーAS-4000Wと、
スドーのバブルメイトS104-C です。
これで、1.0L/min×2台から2.0L/min×2口へと吐出量が倍増します。

2口のエアポンプなので、
併せて購入した貝沼産業の5連結プラコックを使って、
左右両方から2口を合流させて、
エアレーション用と曝気用、+αに分岐させました。
AS-4000W + S104-C

エアスノーAS-4000Wの動作音、静かです。
今まで使っていた1.0L/minのタイプよりも静かかもしれません。
バブルメイトS104-Cも泡 細かいです。

これでエアレーション強化にはなったハズですが、
生物ろ過強化に効果が出るのかは、暫く様子見です。


【関連記事】
ニューラング LUNG GX100N
【エアレーション追加】
INN0 β1000
【曝気式浸漬ろ床法(接触曝気法)】
【ニッソーエアーポンプINN0 β1000】
エアコンパクト1000
【餌メダカ専用ストック水槽立上げ】
【ロカボーイ 小改造】


(広告)
   
posted by nao_yoshi at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物とかフィールドとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック