2011年05月15日

【住宅用火災警報器 設置完了】

既存住宅では
来る平成23年6月1日から設置が義務付けられる「住宅用火災警報器」。
平成23年5月31日までに設置を完了しておく必要があるので、
先日、ようやく購入・取付・設置完了しました。
火災警報器 設置完了

購入したのは、ホーチキのハイガードSS-2LP-10HCP。
煙式でブザー音のみが鳴ります。
電池寿命10年のリチウム電池内蔵。
当然(?)、NSマーク付きです。
型式が複数ありますが、機能は一緒のようです。
>SS-2LP-10HCP(ブリスターパック/引きひも 同梱)
>SS-2LP-10HCB(紙箱)

寝室と階段室の壁面に
天井から約20cmの位置に警報器の中心(感知部)が来るように設置です。
(基準は15〜50cm以内)

ウチの壁は厚さ12.5mmの石膏ボード(PB)なので、
付属の石膏ボード用ピンで取付することも考えたのですが、
取付プレートを使用しないと1本しか使わない(使えない)ので、
強度的にちょっと不安。
そこで、やはり付属の首下25mmのネジで取付することにしました。
壁を叩いて下地の位置を確認後、ネジ込みします。

設置義務を果たしました。これで、ひと安心。

未設置の方は、お急ぎください。


(広告)

posted by nao_yoshi at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築分譲住宅購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック