2011年06月19日

【自作エアストーン+活性炭BOX】

先の
【自作エアストーンBOX】
【エアレーション強化 クサガメ衣裳ケース水槽】
【百均の竹炭】
を経て、
クサガメの衣裳ケース水槽の水質改善・黄ばみ除去対策を
実施して来ました。
それなりの効果はあげてはきたのですが、
ここにきて気温が上がってくると、
臭いが気になるようになってきました。

さすがに「竹炭」だと限界かな? 量も少ないし・・・
と、いうことで「活性炭」を導入です。
用意したのはGEXの「ニュー活性炭」お徳用5袋入。
1袋=1ネットに80gの活性炭入りです。
>60cm水槽用上部フィルターには2〜3個が適量で、
>1ヶ月に2〜3回お取替えください。
とあるので、結構な頻度で交換する必要があります。

そこで、
【自作エアストーンBOX】を
活性炭収納BOXの機能を兼ねたモノに更新することに。

用意したのは、
・容量500mLの密閉容器 (某百均で2個セットのモノ)
・エアチューブ用L字ジョイント
・EX75ユーロのホース(内径12mm×外形16mm)の切れ端
・【自作エアストーンBOX】で使っていたプラストーン
・【自作エアストーンBOX】で使っていたろ材
自作エアストーン+活性炭BOX

1)容量500mLの密閉容器の短辺中央付近に、
 L字ジョイントを取り付けます。
 穴を開けて容器の内側から取り付けして、
 隙間はグルーガンで充填&固定。
2)プラストーンを取り付け。
3)プラストーン部分がくる、密閉容器のフタ位置に穴をあけます。
 そこにホースを取り付けします。
 容器側のホース長さはプラストーンを覆う位で、
 外側は適当に。
 これも隙間をグルーガンで充填&固定。
4)フタに通水用&エア抜き用の穴を多数開けます。
5)容器におもり代わりのろ材を投入。
6)ろ材の上にネット入りの活性炭をセット。
 水洗い不要とありましたが、軽く洗いました。
7)プラストーンがホースの中に入るように密閉容器のフタをします。

これで完成。
プラストーンとホースとの隙間がほんの僅かしかないですが、
まぁ試してみましょう。

早速、投入。
・・・
プラストーンからのエアがいくらか容器内に漏れます。
やはり、プラストーンとホースとの隙間が少ないのが原因ですかね。
エアーリフト効果による水の吸い込みは悪化しているかもしれません。
でも、フタの穴から漏れたエアーは出るし、
それにより水も容器内に回るでしょうから、良しとしましょう。


活性炭の効果のほどは、・・・
黄ばみは薄くなりました。
あとは、臭いだな。


【追記】
改善しました。
自作エアストーン+活性炭BOX_2

百均でトラベル用のシャンプーとかを入れる小物入れプラビンを購入。
このプラビンの下側を切断して、ホースと取替えです。
プラストーンとの隙間も出来て、エアの内部漏れは無くなりました。

ついでに、エアチューブも同じ方向から出るように改善。
エアチューブを容器内に通して逆側に出るようにしました。


(広告)
     
posted by nao_yoshi at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物とかフィールドとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック