2012年08月20日

【ホームゲートウェイ Aterm BL190HW 簡易NAS】

先の
【「auひかり」がやってきた】 にて、届いた
【ホームゲートウェイ Aterm BL190HW】。

前面にUSB端子が2ch分あり、気にはなっていたのですが、
これまでスルーしていました。

この夏休み中にググっていると、
このUSB端子に外付けHDDを接続すると「簡易NAS」となることが判明。
使っていない160GBの外付けHDDがあるので、
これで試してみることに。

そのままHDDを繋ぐだけではダメ(NTFSフォーマットは認識しない)で、
FAT32フォーマットする必要がある・・・とのことなので、
IOデータ ハードディスクFAT32フォーマッタ(再フォーマットガイド)
をダウンロード。

ソフトを起動して、HDDを指定&実行。
あっという間にフォーマット完了です。
容量は160GB 認識しています。

これを
【ホームゲートウェイ Aterm BL190HW】のUSB端子に接続すると・・・
おぉっ!
ちゃんとネットワークドライブとして160GB 認識します。
ホームゲートウェイ Aterm BL190HW 簡易NAS

ホームゲートウェイ Aterm BL190HWに繋げている
3台のパソコン間のデータ共有化が出来るようになりました。
大容量(TBクラス)の外付けHDDでも出来るかな?


(広告)

posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
★Windows上でFAT32フォーマットする場合 (AFT-HDDやSSDやUSBメモリの場合は特に) 、
フリーソフトの "Ridgecrop Consultants fat32format" か "2Tware Fat32Format" を推奨します。
Windows上で32GB〜2TBの容量でもFAT32フォーマット可能です。

- Ridgecrop Consultants fat32format 1.07? (GUI version) (freeware, 32/64bit)
http://www.ridgecrop.demon.co.uk/index.htm?guiformat.htm
or
- 2Tware Fat32Format 1.13 (freeware, 32bit)
http://download.cnet.com/2Tware-Fat32Format/3000-2094_4-75623509.html

(詳細事例)
The making of 2048[sct] aligned / 2^n[GB] normalized partitions
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/mkpart.htm#sect2_7


--
(参考) USB ブート on USB HDD/SSD/Memory for Windows7 / WindowsPE etc.

The making of the integrated ISO file / bootable CD/DVD/BD
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/bootcd.htm

The making of 2048[sct] aligned / 2^n[GB] normalized partitions
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/mkpart.htm

The making of USB bootable system for Windows 7 (OEM_SLP) / PE3.x
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/usbboot.htm
Posted by VA053879 at 2014年11月08日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック