2013年11月01日

【窓の鍵 ロックレバー? クレセント錠の修理】

窓の鍵のロックレバー(?)がゆるゆるになってしまいました。
何の力も必要としないで、ゆるっと回る感じです。
(この鍵、クレセント錠っていうのですね)

以前(他の窓のところ)は、それなりの操作力が必要で、
途中まで操作すると引っ張られて勝手に鍵が掛かるような感じです。

分解してみました・・・
窓の鍵 ロックレバー? クレセント錠の修理

内部のバネが折れていました。
ふーん、バネ力でレバーを引っ張っていたんだ・・・

ホントはバネを交換すれば良いのだろうけれども、
「売っているのか?」の確認とかに時間がかかりそうなので、
応急処置を。
切れた側を延ばして、引っ掛かるように小細工です。

しっかりしたバネで、延ばすのにかなり力が必要です。
ペンチとラジオペンチとの2本使いで、
なんとか形にしました。

再組立して確認すると、
手応えは正規のモノとはちょっと違っていますが、
それなりに復活!
暫くは コレでいいや!


暇をみて、ホームセンターにバネを探しに行くかな。


(広告)

posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築分譲住宅購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック