2014年12月06日

【巨大戦艦大和展 @大阪南港ATCミュージアム】

2014年11月30日まで大阪南港ATCミュージアムで開催の
【巨大戦艦大和展 戦後の産業発展を支えた造船技術】
見てきました。

>実物大の復元艦橋
が今回のメインです。

チラシのタイトル前に
>大和ミュージアム所蔵
とあるのでググッてみると、
2013年7月1日から特別企画展「巨大戦艦大和展」として、
呉の「大和ミュージアム」で展示していたようです。
これを持って来たのだな。
 大和ミュージアムは以前、訪問していますが、
 →【大和ミュージアム】呉市海事歴史科学館
 この時にはまだありませんでした。

巨大戦艦大和展 @大阪南港ATCミュージアム

■実物大の復元艦橋
思っていたより狭いですね。
宇宙戦艦ヤマトの艦橋は広々としていたけれど・・・
46cm三連装砲 主砲発射試験のCG映像をEXILIMの連写で撮影。
「一斉打ち方、八連発射!!」
画像を見ると、同時発射では無いようですね。
微妙に時間差があります。
忠実に再現しているのでしょうか?

■1/35 戦艦大和模型
映画「男たちの大和」で撮影に使用されたモノ。
・・・やはりデカイですね。

■青焼き図面
今回、模型の展示とか多かったのですが、
いろいろな「図面」が見ていて興味深かったです。
手書き、青焼き、朱書き・・・
軍艦長門 船内側面
 兵員烹炊室 釜 電気万能烹炊器
 洗濯機室
 ・・・必要だよな。
第一号艦(大和) 最大中央横断図
第一号艦(大和) 第一艦橋装置 模型見取図

■後部艦橋構造の図面パネル
1/35模型の前に設置されています。

■ノギス
手作り感満載。特殊形状です。
何を測っていたのだろう?

■二面幅100mmのスパナとM150位のナット
二面幅100mmというとM68ですね。
でも、このスパナを使っても人力では締付けきれないのではないかと・・・
と、その前に このスパナ自体を持ち上げられるのか?


何だかんだで、2時間くらい居ました。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任〜大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック