2018年05月30日

【30cmリビング扇風機のサーキュレーター化】

リビングに置いてある普通の「30cmリビング扇風機」。
少し離れると、風力が弱く感じます。
サーキュレーターの方が良いのかな?
と、言うことで、
「西の端のきのこ屋のブログ」さんの
扇風機をサーキュレーターに改造する
の記事を参考に、
トライしてみました。
 同じ内容の記事がいくつかのサイトにありましたが、
 ココがオリジナルかと。

材料は、百均の「学校教育工作用紙」。
これを使って、
2×30cmの短冊を切り取ること、20枚。
(最終的には2×23cmにしました。)
まずは、
先端2cmのところで折って、1cm分重ねて木工ボンドで貼り合わせ。
外周の方はトライ&エラーで、
短冊の全長を23cmにしました。
この端部を隣の短冊の先端から5cmのところに合わせて、
1cm分を同じく木工ボンドで貼り合わせ。

これで、直径約32cmのサーキュレーターアダプタ(?)が完成です。
30cmリビング扇風機のサーキュレーター化

真ん中の部分は、端材を使って面をだして、
ツルツルの厚紙を貼り付け。
扇風機のカバーの真ん中部分に
先の 【スーパージェルパッド】
を貼り付けて、「サーキュレーターアダプタ(?)」を固定です。
 これでカバーの掃除も困らないハズ・・・

効果は・・・ありますね!
遠くまで風が届くようになりました。
当然「首振り」も出来るので、
冷房・暖房との併用で効果を発揮しそうです。

あとは、
強度を増すためにニスでも塗ろうか検討中・・・


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。