2019年08月15日

【エアコン用汎用リモコン】

連日、暑い日が続いています。

我が家の子供部屋のエアコン National CS-22RDX
10年ちょっと前に購入したエアコンです。
このエアコンのリモコン「A75C2590」で、
運転モードが自動に固定されたままで、
冷房/暖房への切換が出来なくなりました。

蓋の裏側の凸で押されるハズのスイッチが効かず、
蓋側の冷房/暖房/自動/選べる除湿等のスイッチ機能が
認識されていないようです。
 冷房ボタンを押すと、風量が変化します。

自動運転モードでも実用上はたぶん支障は無いかとは思いますが、
冷房モードへの切換が出来るようにと、
エアコン用の汎用リモコンを購入。

OHM(株式会社オーム電機)製
エアコン用リモコン OAR-N11
エアコン用汎用リモコン

決め手は、価格とメモリーバックアップが可能な点と、
日本のメーカーの商品であること。

送料込みでワンコインで購入できるモノもあったのですが、
ちょっと心配でやめておきました。

設定のところの備忘録。
1.「運転/停止」ボタンを押して、「風量」ボタンと「運転切換」ボタンを
 同時に約2秒押し続けます。
2.「温度▲」ボタンか「温度▼」ボタンを押して、
 お使いの機器の対応コードに合わせてください。

 対応コード「88」でした。
 コードが合うと、エアコン本体が動き出します。

3.「タイマー切」ボタンを押し、最後に「風向」ボタンを押して
 設定を固定します。

これで、冷房モードへの切換は可能になりました。


これに先立ち、
機種変更した旧スマホにアプリを入れて、
リモコン化することも検討したのですが、
「INFOBAR A03」は赤外線通信機能はあるもののリモコンには非対応。
「INFOBAR A01」は赤外線通信(IrSimple)対応ですが、
Googleアカウントが同期できずに、GooglePlayに繋がらず・・・
で、諦めました。
(AQUOS sense2は赤外線通信未対応だし。)


 
posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 新築分譲住宅購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。