2019年10月29日

【パワーボックスSV9000更新 「GEX メガパワー9012」導入へ】

2012年01月に導入した
【パワーボックスSV9000 コトブキ】
クサガメの衣裳ケース水槽にて、
推奨されていない 水槽横置きで使っています。

これまでたいしたトラブルも無く使えていたのですが、
先日、清掃した後に急にモーターが動かなくなりました。
 電源ケーブルの断線?
CIMG_SV9000-broken.jpg

モーターはモールドされているし、
外観的には断線の痕跡が見つからない・・・
原因を見つけるのは大変そうだな・・・


更新です。
同型の「コトブキ パワーボックスSV900X」にしようかと思ったのですが、
水中モーター方式で水槽の真横に置けると謳っている
「GEX メガパワー9012」にすることにしました。
 こちらの方が少しお安かったのと、
 もし動かなくなったらモーターだけ交換すれば良くなるし。
 流量は2/3ほどになりますが、
 ろ過槽容量は同じなので、
 水替えの頻度は変わらないのかな?
 との判断もあります。

【性能比較】
項目GEX メガパワー9012コトブキ パワーボックスSV900Xコトブキ パワーボックスSV9000
本体サイズ約φ22.5×36.5cmW250×D290×H430W180mm×D250mm×H470mm
ろ過槽容量約7L約7L(ヘッド装着時)約7L(ヘッド装着時)
流量510L/h(50Hz)770L/h(50Hz)770L/h(50Hz)
消費電力18W(50Hz)15W(50Hz)15W(50Hz)
適合ホース口径>[吸水用]内径φ16mm、外径φ22mm内径φ16mm、外径φ22mm内径φ16mm、外径φ22mm
適合ホース口径>[送水用]内径φ12mm、外径φ16mm内径φ16mm、外径φ22mm内径φ16mm、外径φ22mm


届きました!
GEX メガパワー9012

水中モーター でかっ!
 まぁ、レイアウトを気にするようなモノでは無いし、
 とりあえず衣裳ケース水槽には収まりそうなので問題無しです。

呼び水のためのポンピング操作とか不要で、
楽です。
あとは水替えの間隔と、耐久性だな。
 水槽横置きは非推奨では無いので、きっとハード的にはもつハズ


このでかい水中モーターで、
クサガメは「甲羅ゴリゴリ」をはじめました。
水中モーター本体にヤスリでも巻くか・・・


 
posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 生き物とかフィールドとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。