2019年12月13日

【生きているミュージアム ニフレル(nIFREL) @万博記念公園 EXPOCITY内】

【太陽の塔 内部公開 @万博記念公園】
に併せて巡ってきたのは、
【生きているミュージアム ニフレル(nIFREL) @万博記念公園 EXPOCITY内】
 2015年(平成27年)11月19日に開業した「EXPOCITY[」内の
 海遊館が展示プロデュースする内陸型水族館を主体とした、
 動物園や美術館を融合させた博物館。
 前回の単身赴任期間中には無かった施設です。

入館料 大人 2,000円(税込) クレジットカード使えます
いや、なかなか面白いです!
水族館には大水槽は無く、小水槽による個別展示がメインで、
上からも見えるモノが多いです。
動物(ホワイトタイガー、ミニカバ、カピバラ、etc.)の展示もあり、
飽きません。
ただ、館内は一方通行なので、
戻るには一旦最後まで行って、
再入場の手続き(手に紫外線で見えるスタンプ押印)をしてもらう必要があります。

DSC_nIFREL_01-2019.jpg

ZONE 01:いろ に ふれる
 アデヤカキンコ:ナマコの仲間
ZONE 02:わざ に ふれる
 アメリカカブトガニ:ひっくり返っていたので、普段見られないところを
 (このあと、キュレーターさんに戻してもらっていました)
 ガラルファ:ドクターフィッシュ。意外と集まらない・・・
 メガネモチノウオ:ナポレオンフィッシュですね。前額の瘤状突起はまだ小さい・・・
ZONE 03:すがた に ふれる
 チンアナゴ:透明ビーズの砂で潜っている部分も観察できます
 ダイオウグソクムシ:ここにも居ました! カワイイ!

DSC_nIFREL_02-2019.jpg

ZONE 05:かくれる に ふれる
 エダハヘラオヤモリ:何処にいるでしょうか
 コケガエル:何処にいるでしょうか
ZONE 06:みずべ に ふれる
 ホワイトタイガー(ベンガルトラ):アクアのピンク色の肉球はなかなか写せない・・・
 ミニカバ:2019年2月21日に誕生したタムタム(体重80kg)と、母親のフルフル
ZONE 07:うごき に ふれる
 アメリカビーバー:おっさん座りでうたた寝中


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 単身赴任〜大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。