2020年02月16日

【牡蠣殻 投入 @クサガメの衣装ケース水槽 その2】

2016年4月の記事
【牡蠣殻 投入 @クサガメの衣装ケース水槽】
にて、投入した牡蠣殻。
2017年4月の記事
【牡蠣殻 投入から1年経過 @クサガメの衣装ケース水槽】
にて、かなり溶けていたのを確認後、
残りを追加投入してきました。

最近では、追加投入した牡蠣殻も溶けて無くなりつつあり、
また残りの牡蠣殻も無くなったので、
新たに用意することに。

奥さんが過去に牡蠣であたったトラウマがあり、
自宅で殻付きの牡蠣を購入する機会は無いので、
(前回は不在の時を狙って実行しています。)
単身赴任中のこの機会を活用して準備しました。

まず、近所のスーパーで殻付き牡蠣を3個購入。
これを蒸し牡蠣にして酒の肴で美味しくいただいた後、
殻を煮沸(&塩抜き?)。
前回は、これをガス火+焼き網で焼いたのですが、
単身赴任先はオール電化のためIHクッキングヒーター装備で、
ガス火は使えません。
しかし、「ハイラジエントヒーター」も装備していることは、先の
【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スキレット20cm M-5537】
にて知っているので、
この「ハイラジエントヒーター」の上に牡蠣殻を直接置いて焼き上げます。
 爆ぜます!
DSC_oyster-kara_2020.jpg

こんなモノかな。
自宅に帰省後、順次 クサガメの衣装ケース水槽と外部フィルター
 →【パワーボックスSV9000更新 「GEX メガパワー9012」導入へ】
へ投入します。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 生き物とかフィールドとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。