2020年06月29日

【天井点検口に換気扇を取り付け、屋根裏排熱してみた その3/3】

我が家の2階の天井点検口に換気扇を取り付けて、
天井付近に溜まった熱気を天井裏に送り込み、
併せて天井裏の熱気も軒天換気口から排出することで、
2階での真夏の夕方のムッとくる熱気を緩和したい・・・
ようやくトライしたところの、その3(最終回)です。

換気扇と取り付けるベースの準備が出来たので、
最終仕上げ・組立 です。
天井点検口に換気扇を取り付け、屋根裏排熱 その3

取付ベースの木枠に換気扇を木ネジで固定していきます。
まずは、取付ベースの木枠は養生テープで仮固定します。
木工ボンドでの固定はしていません。
換気扇のシャッター部分の厚みがあるので、
適当な台に載せてから木ネジで固定していきます。
換気扇の正規の取付穴は上下2か所ずつの計4か所。
左右については、穴は無いのですが丸く凹んでいるところでネジ込みました。
オール樹脂製の良いところです。

引きひもを引く方向を90度曲げるために
アイプレートも取り付け。
天井点検口の内枠内にセットして、電源を繋ぎます。
換気扇が回ることと、シャッターが開閉することを確認です。
※音、出ます
OK! 大丈夫!

天井点検口の内枠を天井点検口に取り付けて、完了です。
あとは、電源ケーブルの養生をするだけです。


効果のほどですが、
まだそれほど暑い日が無いので今現在では不明です。
7月になったら確認出来るかと・・・
その時に改めて報告します。


【関連記事】
【天井点検口に換気扇を取り付け、屋根裏排熱してみた その1/3】
【天井点検口に換気扇を取り付け、屋根裏排熱してみた その2/3】
【天井点検口に換気扇を取り付け、屋根裏排熱してみた その3/3】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 新築分譲住宅購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。