2020年12月18日

【郵便受けのダイヤル錠の文字盤補修】

築15年弱の我が家。
郵便受けの文字盤の黒メッキ(?)部分が剥がれてきて、
数字が見え辛くなってきました。

そこで、補修をすることにしました。
と言っても油性のマジックインキ(サクラ マイネーム)で、
文字盤の文字以外のところを黒く塗り潰すだけです。
DSC_DialKey.jpg

ちょっと数字の輪郭がガタガタになってしまいましたが、
数字そのものの認識度は上がったので、
良しとしましょう。


数字のところを
油性の白ペンでなぞればもっと良くなるのでしょうけれども、
ペン先を押してインキがでてくるタイプのペンって、
太かったり、水っぽかったりしますよね?
お勧めの白ペン、何かないですか?


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 新築分譲住宅購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。