2020年12月02日

【10.1インチ 格安中華タブレット VANKYO MatrixPad Z4AA-JP02】

第2世代のiPhoneSE 4.7inchを使っている妻が、
常々、画面が小さくて見えないので大きい画面のタブレットが欲しい・・・
と言っていました。

2020年11月27日〜12月1日の「Amazonブラックフライデー」では、
いろいろなモノがお安く購入できる・・・
と言うことなので、
10.1インチのタブレットを探してみました。

主な用途は、ネット閲覧とZOOM会議とのことなので、
Wi-Fi専用のエントリーモデルで十分かな・・・
で、選んだのが、
【10.1インチ 格安中華タブレット VANKYO MatrixPad Z4AA-JP02】
¥8,480.- @Amazonブラックフライデー
DSC_VANKYO-MatrixPad-Z4.jpg

1万円以下の格安!
もう、お値段だけで決めました。

主な仕様は、
主な仕様VANKYO
Z4AA-JP02
ALLDOCUBE
iPlay10 Pro
CPURockchip RK3326 クアッドコア
1.5GHz Cortex A35
MT8163 クアッドコア
1.3GHz
RAM2GB3GB
ROM32GB32GB
ディスプレイ10.1" 1280x 800 IPS10.1" 1920×1200 IPS
Bluetooth4.04.0
OSAndroid 9.0Android 9.0
ネットワーク802.11b/g/n(2.4GHz)802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
GPS-内蔵
カメラRear 8M pixels/Front 2M pixelsRear 5M pixels/Front 2M pixels

先の
【10.1インチ 中華タブレット ALLDOCUBE iPlay10 Pro】
より、性能は下かな?。

本体前面には、
約243×164.5mmの液晶画面保護フィルムが既に貼られています。
指の滑りは良くないけれど・・・

iPad 9.7インチの約166×237mm、
iPad 10.2インチの約170×247mm と比較すると、
どちらもサイズが合いません。
iPad用のガラスフィルムは使えないか・・・残念
フリーカットの保護フィルムを使うしかなさそうです。

操作ボタンや各種インターフェースは、
本体上部のフチに集約されています。

3.5mmヘッドホンジャック
 マイクは別です(内蔵マイクのみ)。3極のプラグ用ですね。
microSDカードスロット
 挿入口はオープンになっています。
 フタとかついていません。
 挿入の向きは・・・
microUSB(Type-B)ポート
 Type-Cでは無いです。
 LEDとかの充電中の表示が無いので、
 ちゃんと充電されているのか分かりません。
背面スピーカー
 本体下側のフチでは無くて、背面にスピーカーがあります。
 テーブルとかに画面を上にして置いてしまうと、
 音がこもってしまいます。

アプリとかはタッチしてから動くまでに、
少し時間がかかるような気がします。
でもまぁ、エントリーモデルですから許容範囲内かな。

付属品は、
ACアダプター(USB充電器):FX2P-050200U
 入力:AC100-240V 50/60Hz
 出力:DC5V 2A
充電ケーブル USB−microUSB 長さ80cm


入れるアプリの話は、別記事でアップの予定です。


【関連記事】
【「VANKYO MatrixPad Z4AA-JP02」に入れるandroidアプリ Collabora Office:LibreOffice,OpenOffice & more】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。