2021年01月15日

【気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート を貼った】

窓の結露。
毎朝の拭き取りが大変です。(妻が・・・)

非常に強い寒気が来るようなので、
結露対策として、
気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート
を窓に貼り付けました。

で、興味は、
気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート
そのものの方・・・

モノとしては、
普通の気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の凸側に
もう1枚ビニルシートを被せて、
凸部で溶着した感じでしょうか。

■水貼りタイプ
DSCN_puchipuchi_1.jpg

しっかりめの気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の凸側に、
少し薄めのビニルシート1枚を被せて、
凸部で溶着でしょうか。
後から貼った(?)ビニルシート(凸側)の方が窓に貼る側でした。
見た目でシワシワしている面です。
水貼りタイプですが、接着剤って使っているのかな?
それとも、静電気吸着?

■両面テープ貼りタイプ
DSCN_puchipuchi_2.jpg

水貼りタイプに比べると、お安い・・・
元の気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)も薄め。
両面テープは別売です。
水貼りが出来るのか、試してみました。
→窓を濡らしてから貼ることは出来ます。
 そのまま留まっているかは微妙・・・
各辺でサッシの枠と養生テープとで固定しました。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。