2021年09月30日

【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ Fitbit】

先日、と言うか もうだいぶ前になりますが・・・
さらに進化したフィットネストラッカー「fitbit charge4」を入手。

日々のランニングとかのトレーニングとは無縁ですが、
・睡眠の質の分析
・Suica対応
ということなので、
装着して使うことにしました。
身につけるのはあまり好きでは無いけれど・・・
DSC_fitbit-charge4.jpg

使うには、【Fitbitアプリ】が必要で、
アプリを入れたスマホと本体(Fitbitトラッカー)とを
Bluetooth接続することで
初期設定とか、日々のデータの記録・表示・確認とかが出来ます。

インストール・設定を済ませてとりあえず使えるようにはしました。
& この機種からモバイルSuicaが使えるようになったそうなので、
導入です。

元々、スマホ本体にはモバイルSuicaを導入していますが、
これとは別にGoogle Payに紐付いた
モバイルSuicaを新規登録することになります。
・・・登録完了。

DSC_fitbit-charge4_suica.jpg

実際にこのモバイルSuicaを使う前に
「JRE POINT」と紐付けをしようとしたところ、
>※Suicaの登録は最大20件です
>※モバイルSuica(Apple PayのSuica、Google PayのSuica、楽天ペイのSuicaを含む)は
>1会員につき1つのみしか登録できません。
とのことで追加出来ず・・・。
カードのSuicaは20枚も登録できるのに、
モバイルSuicaは1件って・・・
改善されることを要望ですね。
 システム上難しいのかな?

もうひとつ、
このFitbitにいれたモバイルSuicaをメイン使用としない際のデメリット。
改札を通る際には右手にカード型のSuicaとかPiTaPaを持ってタッチします。
私はこのFitbitを右手に装着しているので干渉の恐れが・・・
と言うことで、
普段はアプリの設定で「SuicaのNFCをOFF」にしておきます。
 いったい何時、使うのだろう?


【関連記事】
【fitbit charge4 バンド加工】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。