2021年10月07日

【WebCamSetting PC内蔵カメラ設定を調整できるフリーソフト】

単身赴任先と家族間との定時会議(?)で
LINEの「グループビデオ通話」を利用しています。

ホントはあまりLINEは使いたくないのですが、
無料版のZoomは3人以上のグループ通話だと時間制限があるし、
+メッセージ(プラスメッセージ)にはビデオ通話機能は無いし、
と言うことで、消去法で仕方なく・・・

単身赴任先ではスマホ版LINEでは無くて、
PC版を
マウスコンピューター
m-book C100SN-S10-KK 価格.com限定モデル
【Windows7サポート終了に伴うノートパソコン更新】
に入れて、使っているのですが、
PC内蔵カメラで写される画像が暗い・・・との指摘がありました。

PC内蔵カメラは100万画素(1280×720)のハズなので、
より解像度の高いWebカメラを追加するとか、
スマホ(AQUOS sense2:メイン1200万画素、サブ800万画素)を
Webカメラ化するとか、
(だったら、スマホ版LINEで「グループビデオ通話」すれば良いじゃん?)
も検討したのですが、
解像度を上げる=通信負荷が大きくなる
ので、保留。
(ここのところは、後半で記述します。)

まずは、
設定でPC内蔵カメラの明るさ等を調整できないか確認です。

標準(?)の「カメラ」アプリだと、
「明るさ」のみ調整可能。
これでも少しはマシになりますが、もうちょっと。

で、
[WebCam Setting]Webカメラ・PC内蔵カメラ設定を調整できるフリーソフト @tksoft
に辿り着きました。
早速、ダウンロード&インストール。
DSC_WebCamSetting.jpg

おぉっ! 調整できる項目が沢山!
「カメラ」アプリやビデオ通話等で画像を確認しながら調整します。
画像の印象はかなり改善できますね。
明るくなります。
なかなか良いぞ。

ただし、変更した設定値は保存されません。
使うたびに都度調整が必要です。

と言うことで、
画像の明るさは改善されたものの、
実は、
通話中に相手側の画像が止まってしまう現象も出ています。
どうも、こちらの画像も相手側から見るとカクカクと動いている模様・・・

明らかに全体として処理が追い付いていないような感じです。
音声は遅延無く使えているようですが、
カメラ画像を送信する上りの通信負荷が大きすぎか?
試しにこちらのカメラ画像をオフにすると、
相手側の画像と通話は支障なく見えて使えます。
やはり・・・
WiMAX2+の上り速度がネックになっているな。

うーん、
解像度を落とすか・・・
で、標準のカメラアプリを使って解像度を変更。
DSC_CamAPP.jpg

現行の「0.9MP 16:9(1280x720)」から、
最低の「0.02MP 4:3(160x120)」に落としてみました。
容量は約1/45

おっ!
普通にビデオ通話できます!
相手側にも普通に見られる程度の画像が届いているらしいです。
動作的にはもう少し解像度を上げても良さそうですが、
相手側で支障のないレベルの画像ならば敢えて上げる必要も無いし、
これで十分だな。

WiMAX2+の上りは最大10Mbpsなので、
(一部エリアでは最大30Mbps)
「ビデオ通話」でカクつく時はカメラの解像度を下げるのが
ひとつの解ですね。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 単身赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。