2021年10月20日

【dynabook R63/PS をWindows10にアップグレード】

とある仕事が終わり、組み込みで使っていたノートパソコンを回収しました。
一応会社の資産なので、有効活用をしようと別用途への転用を考えました。
しかし、当該ノートパソコンはWindows7マシン・・・
さすがにサポート切れのままで転用は無いな・・・と言うことで、
Windows10へのアップグレードを検討。

先の
【まだ出来る! Windows10への無償アップグレード】
での
【まだ出来る! 2021年6月 追記】
にて、
【東芝 ウルトラブック dynabook R631/28D】
のWindows10 アップグレードは成功していたので、
今回 回収した
【東芝 dynabook R63/PS】
でもイケるだろうと、
そのままWindows10へのアップグレードを実施したところ、
>0xC1900101-0x30018
エラーが出て失敗...

>SYSPREP_SPECIALIZE操作中にエラーが発生したため、
>インストールはFIRST_BOOTフェーズで失敗しました

うーん、
デバイス ドライバーが原因のようなのですが、
原因究明するほどの技量も無いので、
パソコンを購入時の状態に戻して
(リカバリーして)
から再トライしてみることに。

結果、Windows10 アップグレードは成功したので、
備忘録として置いておきます。


「0(ゼロ)」キーを押しながら電源オン

TOSHIBA Recovery Wizard
<製品復元メニュー>
・Windows7 64ビットバージョン
を選択。

TOSHIBA Recovery Wizard
<復元方法の選択>
・ハードディスク上の全データの消去
を選択。

TOSHIBA Recovery Wizard
<ハードディスク上の全データの消去>
・機密データの消去
を選択。

約6時間弱かかりましたが、全データの消去が終了。


ここで普通にパソコンの電源を再投入しても、
ハードディスクは空っぽなのでWindowsは起動しません。

改めて、
「0(ゼロ)」キーを押しながら電源オン

TOSHIBA Recovery Wizard
<製品復元メニュー>
・Windows7 64ビットバージョン
を選択。

TOSHIBA Recovery Wizard
<復元方法の選択>
・初期インストールソフトウェアの復元
を選択。

TOSHIBA Recovery Wizard
<初期インストールソフトウェアの復元>
・パーティションサイズを変更せずに復元
を選択。

しばらく待って、
初期インストールソフトウェアの復元が終了。
さらに
「しばらくお待ちください」との表示で
システムの構成などを勝手に実施して、
ようやくWindows7の初期状態に戻りました。
リカバリー完了です。

改めて、
Windows10へのアップグレードを実施するために
Microsoft Windows 10 のダウンロード
から、
「ツールを今すぐダウンロード」
して実行。

今度は、あっさりと終了。
Windows10へのアップグレード完了です。
DSC_R63-PS_Windows10.jpg

プリインストールされているソフトウェアに、
Windows10に対応していないモノがいくつかあって、
削除する旨のメッセージが表示され、削除されました。

 このあたりのソフトウェアが原因で、
 そのままでのWindows10へのアップグレードが失敗したのかな?

なお、
Windows10へのアップグレードが成功した後でも、
「0(ゼロ)」キーを押しながら電源オン で、
TOSHIBA Recovery Wizard
<製品復元メニュー>
出てきます。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。