2021年12月25日

【Rakuten WiFi Pocket ソフトウェアアップデート】

201年12月14日、Rakuten WiFi Pocketの
ソフトウェアアップデート(V3.21)のお知らせが届きました。

早速、
「Rakuten WiFi Pocket」とWi-Fiで繋がった
スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」を使って、
ブラウザ「Google chrome」から管理画面(http://192.168.0.1)を開いて更新。

先の
【楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket 楽天回線とパートナー回線のどちらに接続しているかを確認】
では、
「Google chrome」を起動して「http://192.168.0.1」を入力しても
管理画面に繋がらなかったのですが、
今回はなぜか繋がりました。
(アップデート後は繋がらなくなりましたが・・・)
DSC_RakutenWiFiPocket-V321.jpg

今回の更新内容は、
>内蔵電池の寿命を長くするため、長時間充電時の仕様を変更
>(連続待受時間、連続通信時間には影響なし)
>※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
とのことですが、
1日に数回、数分にわたって4G電波を掴まなくなる不具合(?)
の改善は入っているのかな?
→アップデート後も
 4G電波を掴まない(拾わない)不具合は継続しています...
 うーん、何なんだろう?

ググってみても同様の症状を嘆いている方々は見つかりません。
ウチの端末固有の問題なのか?
それとも何かの設定で回避できるのか?


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ 新型コロナワクチン接種証明書アプリ @デジタル庁】

2021年12月20日から配信開始された
【新型コロナワクチン接種証明書アプリ @デジタル庁】
早速ダウンロードして、登録されているワクチン接種記録を確認しました。

単身赴任先での職域接種でしたが、
地元の市での証明書発行になっていて、
内容の間違いはありませんでした。
DSC_vaccinecert-APP.jpg

以下、気になった点など

スマホに表示された二次元コードやワクチン接種記録は、
スクリーンショットが撮れます。
ただし、
二次元コードには現在時刻表示もされているので、
ここのところの確認をしっかりとしていれば、
スクリーンショットでの「なりすまし」は無理でしょう。

ワクチン接種記録として表示される二次元コードは、
「SMART Health Cards」規格だそうですが、
当該アプリの「≡」>「二次元コードを読み取る」にて、
読取・内容の確認が出来ます。
この読取結果の表示内容はスクリーンショットが撮れます。
他の人の氏名(本名)、生年月日、ワクチン接種記録内容を保存できてしまいます。
DSC_vaccinecert-APP_2.jpg

ワクチン接種記録内容は良いとして、
氏名(本名)、生年月日が知られる・・・
これってどうなのかな。

別アプリの
【SMART Health Card Verifier @The Commons Project】
でも二次元コード「SMART Health Cards」を読み取ることが出来ます。
このアプリの良いところは、
画面のスクリーンショットが撮れないところでしょうか。


さて、気になるのは この
【新型コロナワクチン接種証明書アプリ @デジタル庁】
の使い道は・・・?


アプリの取得はこちらから
デジタル庁ホーム>政策>新型コロナワクチン接種証明書アプリ
QRコード、掲示されています。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ Digital Clock Widget @Maize】

先の
【アプリの起動が遅くなったのでいろいろやってみた→問題解決! @AQUOS sense2 SHV43】
にて、
ホーム画面上に時計と天気とを表示していた
「天気ウィジェット」を削除しました。
ただ、ホーム画面上には大きな時計は欲しいので、
別アプリを探してみました。

日付・カレンダー表示は、
【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ strCalender @str】
をすでに導入済みなので、
大きな時計だけ3×1サイズでウィジェット表示できれば良いです。
で、
Digital Clock Widget @Maize】
を見つけて、ダウンロード&インストール。

表示フォント、色、背景色、ウィジェットサイズの設定ができる
シンプルな無料のアプリです。
DSC_DigitalClockWidget.jpg

ウチでの設定は、
背景色:#00FFFFF 白 透明度100%
Font:Regular
時間表示:ON
時間の色:#FFFFFFF 白
時刻の表示:00:00(24h)
日付表示:OFF
サイズ:3×1

大きなデジタル時計表示。
これで十分!


このウィジェット導入で、
アプリの起動が遅くなるようなことは 今のところ無いです。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

【アプリの起動が遅くなったのでいろいろやってみた→問題解決! @AQUOS sense2 SHV43】

2019年夏に機種変更した【AQUOS sense2 SHV43】
【AQUOS sense2 かんたん SHV43 機種変更】

最近、なめことかポケモンGOとかの
アプリの起動に時間がかかり、もたつくような感じになりました。
まだ2年しか使っていないのに・・・
(もう2年も使っているの?)

現状、内部ストレージの使用量は 32GB中82%くらい。
それほど逼迫はしていない?

機種変更はまだ考えていないので、
スマホが重くなった時の鉄板(?)の対処方法
●内部ストレージに空きを増やす≒キャッシュを削除、アプリを削除
●メモリを解放≒ウィジェットの使用を控える
を、いくつか試してみました。


●キャッシュを削除
ほぼ全てのアプリに対して
設定>アプリと通知>アプリをすべて表示>(アプリ選択)>ストレージとキャッシュ
で、「キャッシュを削除」を実行。
内部ストレージの使用量は79%くらいまでと、かなり減りました。
が、各アプリが快適に動くにはある程度の必要量はあるみたいで、
しばらく使っていると、
内部ストレージの使用量は81%くらいまでに戻りました。
効果は限定的です。

●ウィジェットの使用を控える
使っているウィジェットは、
■天気
■Google検索
の2つのみ。
デフォルトでホーム画面に置いてあったヤツです。
とりあえず、ホーム画面から削除してみました。

上の「キャッシュを削除」と一緒に実行してから、
各アプリを起動してみたのですが、
アプリの起動が早くなり、もたつき感も軽減!
なんか改善されたっぽい。

スマホが重くなると、
「天気」のウィジェットの表示が乱れる(時刻などが表示しない)ことがあったので、
これが原因?
(アプリ自体というか、ネット接続しているところが原因かな?)

問題は解決したのですが、
ホーム画面上には大きな時計は欲しい・・・
ここは別アプリを探して導入しました。
【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ Digital Clock Widget @Maize】

DSC_SHV43-APP_Del.jpg

●アプリを削除
さらに内部ストレージの空きを増やすために、
使っていないアプリの整理・削除もしてみました。

■auセルフケア
デフォルト(?)で入っていたアプリ。
1.3GBくらい占有している。
何に使っているのだろう?
起動したことありません。
GooglePlayのレビューを見ると、
削除しても再インストールされるっぽいので、
無効化して、
「キャッシュを削除」、「ストレージを消去」を実行
30MBまで減りました。

■迷惑メッセージ・電話ブロック
500MBくらい占有している。
auのサービスだけれども使っていない。
そもそも誰だか分からない電話には出ないし。
アンインストール

■ニュースパス
150MBくらい占有している。
これも使っていないので、
アンインストール

「auセルフケア」の効果が大きい!
内部ストレージの使用量は 32GB中79%くらいに軽減。

さらにさらに、
以下の使っていないアプリは元々使用量は少ないですが、
アンインストール出来ないので、
無効化、強制停止して、
「キャッシュを削除」、「ストレージを消去」を実行。
少しですが軽減しました。
■あんしんフィルター for au
■エモパー
■故障紛失サポート
■au Wi-Fi接続ツール
■auセルフケア
 上で実施済み
■au災害対策
 +メッセージ版を使っているので、こっちは無効化

以下のアプリはアンインストールしても良いかもしれませんが、
とりあえず強制停止して、
「キャッシュを削除」、「ストレージを消去」を実行。
■auウィジェット
■auかんたんガイド
DSC_SHV43-APP_Del-02.jpg

今のところ、これらを無効化した弊害は無いようです。
何かあったら追記します。


ちなみにAQUOS sense2 SHV43(2019年モデル)のOSは
1回のOSアップデートを経て、
Android10です。
>シャープは、発売から2年間、最大2回のOSアップデートをお約束します。
ですが、
2年経過しているし、Android11にはもう上がらないのかな?


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ Fitbit】

先日、と言うか もうだいぶ前になりますが・・・
さらに進化したフィットネストラッカー「fitbit charge4」を入手。

日々のランニングとかのトレーニングとは無縁ですが、
・睡眠の質の分析
・Suica対応
ということなので、
装着して使うことにしました。
身につけるのはあまり好きでは無いけれど・・・
DSC_fitbit-charge4.jpg

使うには、【Fitbitアプリ】が必要で、
アプリを入れたスマホと本体(Fitbitトラッカー)とを
Bluetooth接続することで
初期設定とか、日々のデータの記録・表示・確認とかが出来ます。

インストール・設定を済ませてとりあえず使えるようにはしました。
& この機種からモバイルSuicaが使えるようになったそうなので、
導入です。

元々、スマホ本体にはモバイルSuicaを導入していますが、
これとは別にGoogle Payに紐付いた
モバイルSuicaを新規登録することになります。
・・・登録完了。

DSC_fitbit-charge4_suica.jpg

実際にこのモバイルSuicaを使う前に
「JRE POINT」と紐付けをしようとしたところ、
>※Suicaの登録は最大20件です
>※モバイルSuica(Apple PayのSuica、Google PayのSuica、楽天ペイのSuicaを含む)は
>1会員につき1つのみしか登録できません。
とのことで追加出来ず・・・。
カードのSuicaは20枚も登録できるのに、
モバイルSuicaは1件って・・・
改善されることを要望ですね。
 システム上難しいのかな?

もうひとつ、
このFitbitにいれたモバイルSuicaをメイン使用としない際のデメリット。
改札を通る際には右手にカード型のSuicaとかPiTaPaを持ってタッチします。
私はこのFitbitを右手に装着しているので干渉の恐れが・・・
と言うことで、
普段はアプリの設定で「SuicaのNFCをOFF」にしておきます。
 いったい何時、使うのだろう?


【関連記事】
【fitbit charge4 バンド加工】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ QRefine ver.2.1.0】

先の
【「AQUOS sense2 かんたん SHV43」に入れるandroidアプリ QRefine】
にて、
バイナリデータのQRコードを解読して、
QRコードの再生成・バイナリを16進数で表示するところは確認しました。
併せて、
元のQRコードとパターンが違っている再生成されたQRコードでも、
ken.a 様に発動確認をしていただきました。
 ありがとうございました!

>この16進数で表記されたバイナリデータから
>QRコードを作成・生成してくれるアプリは無いかな?
と言うことで、
ダメ元でこのアプリの製作者様である
りゅーた@田舎でエンジニアと子育て @ryuta461
様のTwitterに先の記事を付けて
>QRコードから読み取った
>16進数表記のバイナリデータを
>アプリに手入力/ファイル読み込みすると
>QRコードを生成する機能は出来ませんか?
と返信したところ、
機能追加検討をしていただき、
先日 
>16進数表記のテキストからQRコードを作成する機能を追加した新バージョンを
> Google Play に公開しました!
旨の連絡をいただきました。
迅速なご対応、ありがとうございます!

早速、確認。
【QRefine ver.2.1.0】です。
DSC_QRefine-210_01.jpg

ver.2.0.0にて「History」だったボタンが
ver.2.1.0にて「QR List」に変わり、
リスト内で「○+」ボタンも追加になり、
ここから「バイナリ(16進数)でのQRコードの追加」が出来るようになっています。

ここにこの「QRefine」で読み込んだQRコードの「バイナリ(16進数)」データを打ち込むと、
QRコードが生成されます。
当然(?)のことですが、
このQRコードは読み込み時に再生成されたQRコードと同じパターンでした。
 大元のQRコードと読み込み時に再生成されたQRコードとではパターンが違っていますが、
 読み込み時に再生成されたQRコードとデータを打ち込んで生成されたQRコードは同じです。

良し良し!

他のアーケードカードゲームで、
バイナリデータのQRコードを使っているっぽい
・けものフレンズ3 プラネットツアーズ
・ZOIDS ゾイドワイルド バトルカードハンター
のカードでもトライしてみました。

【けものフレンズ3 プラネットツアーズ】
DSC_QRefine-210_02.jpg

【ZOIDS ゾイドワイルド バトルカードハンター】
DSC_QRefine-210_03.jpg

どちらも元のカードのQRコードとはパターンが違っていますが、
読み込み時に再生成されたQRコードとデータを打ち込んで生成されたQRコードは同じです。

良し良し!

上記2つのアーケードカードゲームで、
16進数表記のバイナリでのカードデータの一覧表を作るか!?
・・・需要はあるのかな?


りゅーた@田舎でエンジニアと子育て 様、
本当にありがとうございました!


【追記】
一覧表、アップしました。
【けものフレンズ3 プラネットツアーズ QRコード(バイナリ16進数)】
【ZOIDS ゾイドワイルド バトルカードハンター QRコード(バイナリ16進数)】


posted by nao_yoshi at 00:00| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする