2021年01月20日

【2021(令和3)年用お年玉付年賀はがき・年賀切手 当せん番号】

2021(令和3)年用お年玉付年賀はがき・年賀切手 当せん番号
が決まりました。
郵便年賀.jp お年玉賞品のご案内

3等賞品の「お年玉切手シート」が4本 当選でした。
DSC_nenga2021_6384.jpg

63円と84円の丸形のシール式切手のシート です。

大入のポチ袋をイメージ(?)したシートに
縁起の良い 鶴・亀 の絵柄の切手

郵便局のネットショップ内「切手・はがきストア」でも
販売するようです。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 他社製品流用の検討】

08年製の ミル付きミキサー BM-HS08 @象印マホービン(株)
先の
【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 代替品でトライ ・・・イマイチ】
にて、
>ガラス製本体の内径が約108mmなので、
>他メーカーのモノの蓋を探すことも考えましたが、
>どれを見ても外径寸法の記載がないので、
>とりあえずは諦めです。
としていましたが、
百均(ダイソー)での代替品探しに失敗したので、
某家電量販店で他メーカーの
蓋(フタ)サイズの確認をしてみることに。

用意したのは、
ガラス製本体の内径(φ108mm)に合わせて穴を開けた段ボール。
これに家電量販店に置いてある他メーカーの蓋の現物をあててみて、
流用が可能か検討です。

適合メーカーミキサー型式備考
AbitelaxAM760吉井電気(株)
PE(?)一体
〇→×TESCOMTM856公式HPで付属品の販売有
パッキン付きフタ
(パッキンが入らないかも?)
→入りませんでした
型番:500318
×TIGERSKSH700サイズ大きすぎ
×IwataniIFMFR10Wサイズ大きすぎ
△→◎ZOJIRUSHIBMRF08/BMRT08取っ手付き
(取っ手が干渉するかも?)
→干渉しませんでした
型番:BG423806A-01

DSC_Mixer-futa_etc.jpg

3製品が使えそう・・・

Abitelax AM760用のモノが一番良さそうです。
形状も同じような一体型だし。
が、ググッてみても販売店が見つからず・・・

次点で、
TESCOM TM856用のパッキン付きフタ(型番:500318)
を手配です。
公式HPでも付属品の取り扱いをしていましたが、
ヨドバシ・ドット・コム だと送料無料と言うことで、
コチラからお取り寄せ
@330円
サイズは、ギリギリかと思います・・・
パッキンが入らないかも?
パッキンの外周をひと回り切り取るか、
パッキンをOリング P-100あたりに置き換えするか、
届いてから確認します。
 メーカーにも在庫切れということで、
 入手まで暫く時間がかかりそうです。

保険のために、もうひとつ
ZOJIRUSHI BMRF08/BMRT08用の取っ手付きフタ(型式:BG423806A-01)も。
某ネットショップで、こちらは送料別途・・・
@440円+送料500円
取っ手が邪魔になるかと思いますが、
その時は削り取れば良いし・・・


いずれにせよ、届いてから現物にて確認です。


【関連記事】
【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 代替品でトライ ・・・リベンジ達成】
 →重いので、採用保留・・・
【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 他社製品(ZOJIRUSHI BG423806A-01)流用 使えます】
 →代替品として、採用決定です。
【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 他社製品(TESCOM TM856用 500318)流用 使えませんでした】
 →パッキンが大きくて入らず。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 代替品でトライ ・・・イマイチ】

08年製の ミル付きミキサー BM-HS08 @象印マホービン(株)
先の
【蓋交換(BG298092L) @ミル付きミキサーBM-HS08】
にて、
蓋(BG298092L)を交換したのですが、
再び、割れました・・・
DSC_BG298092L_v2.jpg

まだ1年ちょっとしか経っていないのに。
>整理番号の「201407-」が気になります。
>2014年07月製かな?
が当たったのか・・・?

同じモノを探しましたが、
まさか(?)の 売り切れ、品切れ。

ガラス製本体の内径が約108mmなので、
他メーカーのモノの蓋を探すことも考えましたが、
どれを見ても外径寸法の記載がないので、
とりあえずは諦めです。

代替品を百均(ダイソー)で探して、
トライしてみました。
試したのは、以下の2品。

■シリコーン製ふた 直径14cm
DSC_silicone-futa_14.jpg

スイッチON直後の回転で、
一瞬 蓋が浮き上がってしまい
フチから外に内容物が(少しだけ)飛び散ります・・・

正規品の蓋(BG298092L)を改めて見てみると、
中央に約直径約3mmの穴が開いています。
なるほど、そういうことか!
空気抜きの穴が必須なのだな!

ツマミの部分に約3mm角の穴を1個、カッターで開けました。

しかし、きちんと蓋を押さえていないと、
やはり 蓋が浮き上がってしまい
フチから外に内容物が(少しだけ)飛び散ります・・・

置くだけタイプはダメですね・・・
周囲をきちんと押さえつけないと。

■ガラスクッキージャー @300円 のふた
DSC_GlassCookieJar_5L.jpg

大きさ的には、とても良い感じ。

しかし、パッキンが上手く機能せず、
折れ曲がりによって隙間ができて、
そこから内容物が伝わり漏れてきます・・・
期待していたのに・・・

パッキンの外周を切り詰めて、
代わりに
Oリング(P-100 内径99.6mm 外径111mm φ5.7mm)
あたりを入れると、
良くなるかも?


結果、
どちらもイマイチ・・・


【関連記事】
【ミル付きミキサー BM-HS08 の蓋 代替品でトライ ・・・リベンジ達成】


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

【気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート を貼った】

窓の結露。
毎朝の拭き取りが大変です。(妻が・・・)

非常に強い寒気が来るようなので、
結露対策として、
気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート
を窓に貼り付けました。

で、興味は、
気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の窓ガラス断熱シート
そのものの方・・・

モノとしては、
普通の気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の凸側に
もう1枚ビニルシートを被せて、
凸部で溶着した感じでしょうか。

■水貼りタイプ
DSCN_puchipuchi_1.jpg

しっかりめの気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)の凸側に、
少し薄めのビニルシート1枚を被せて、
凸部で溶着でしょうか。
後から貼った(?)ビニルシート(凸側)の方が窓に貼る側でした。
見た目でシワシワしている面です。
水貼りタイプですが、接着剤って使っているのかな?
それとも、静電気吸着?

■両面テープ貼りタイプ
DSCN_puchipuchi_2.jpg

水貼りタイプに比べると、お安い・・・
元の気泡緩衝材(プチプチ・エアキャップ)も薄め。
両面テープは別売です。
水貼りが出来るのか、試してみました。
→窓を濡らしてから貼ることは出来ます。
 そのまま留まっているかは微妙・・・
各辺でサッシの枠と養生テープとで固定しました。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

【Fliqlo Screensaver Version.1.4】

Windowsマシンの
スクリーンセーバーで使っているパタパタ時計の
【Fliqlo】
2021年1月12日に使えなくなりました。
adobe Flash Playerが2020年12月31日にサポート終了・・・
を受けての動作停止ですね。
(たぶん)

公式HP「fliqlo > screensaver
を見ると、
Version.1.4(2021-01-12)で
>Changed: No Flash Player required
と、
Flash Player不要に対応しているので、
早速ダウンロード & インストール。
DSC_Fliqlo_14.jpg

インストールする前に、
旧バージョンは「アプリと機能」から
アンインストールする必要があります。

 ウチではこれをやらず、
 \Program Files(x86)\Fliqlo**(だったかな?)
 のフォルダだけ削除して、
 Ver.1.4をインストールしたのですが、
 動かず・・・
 「*.scr」で検索して、
 \Windows\SysWOW64(だったかな?)にあった
 「Fliqlo.scr」を削除してから、
 再インストールで機能しました。
 →上記、公式HPにもその旨の注意が記載されています。

これで、
これまで通りに使えるようになりました!
 マウスを動かすだけで解除していたのが、
 キー入力をすることで解除するようになったのが良いです。


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

【auひかりのホームゲートウェイ「BL190HW」を「BL1000HW」に交換 その2】

2011年の【「auひかり」がやってきた】
以来、使い続けていた ホームゲートウェイ「BL190HW」。

先の
【auひかりのホームゲートウェイ「BL190HW」を「BL1000HW」に交換 その1】
にて、
交換の申込みをしていたのですが、
届きました!
 早い!
DSC_BL1000HW.jpg

と、言うことで早速セットアップ。
・・・「BL190HW」と「BL1000HW」とを入れ替えるだけですが。

ONU→ホームゲートウェイ間の有線LANケーブルは、
旧品のCAT.5Eのモノから、
今回付属の CAT.6A のモノに交換必須です。

あとは、元の有線LANケーブルを繋ぎ直すだけ。
初期設定のままで、これまで通りに使えるようになりました。
さらに、
無線LAN(Wi-Fi)にも繋いでみると・・・
スマホでの5GHz接続は、目を見張るほど速くなりました!

もっと早くに更新していれば良かったな・・・


posted by nao_yoshi at 05:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする